先日3月17日、18日に箱根に輪行した記事を書きましたが、その後日談です。
帰宅する日、私はホテルからバスで小田原駅まで行きましたが、代表は前日に続いて電動アシスト・ミニベロのハリークイーンで箱根路を走りました。

湖尻で一休みしていると、旅をしながら写真を撮っているという男性に声をかけられ、写真を撮っていただいたそうです。
「実は自転車店やってるんですよ」などと少しお話したようですが、その時の写真をブログ、インスタにUPして下さいました。

その画像をこちらに載せる事は無断借用になってしまいますので致しませんが、心なしか代表もいつもよりキリッとしているような(笑)とても良い写真です。
何より箱根の山をバックに愛車と一緒に写していただいて嬉しいです

撮影されたのはBispm、古屋健介様と仰る方で、インスタやブログに旅で出会った方の写真を載せておられますが、どれも素敵な写真でつい魅入ってしまいます。
コロナ禍の折、マスクをつけていると顔の半分以上埋まってしまい、目だけしか表情がわからないものですが、その目の形とか、しぐさ、ふざけたり寄り添っている姿などから、モデルの方々の嬉しさや楽しい気持ちが伝わってきます。
見ていて自分も幸せな気分になれる写真ばかりです
また背中を向けている写真には、この方は何を考えていらっしゃるのだろう?と感情移入してしまいます。

私自身は写真の撮り方が下手過ぎて「上手に写真を撮る本」みたいなものを購入した程なのですが、写真は人の心まで残しておけるのだな……素敵な写真を撮りたいなぁと強く思ってしまいました。
その前にまず、足元や頭の先が切れていない写真が撮れるようになるのが目標ですが

ブログのアドレスも教えていただいたので、リンクを貼らせていただきます。
この中にベルクレッタ代表の写真もありますので、ぜひ探してご覧くださいませ
旅人TOURIST様

私も箱根路にチャレンジしていれば、お会いできて写真を撮っていただけたのかも……とちょっぴり残念ではあります。
こういう思いがけない出会いは、旅の楽しさの一つです。