金融機関で仕事をしていたので、振り込め詐欺や還付金詐欺などには詳しいつもりでしたが、取材商法は個人事業主になってから知りました
最初に書いておきますが、これは法に触れるものではありませんので詐欺とは違います。
なので、こんな商法があるのだな~と覚えておいていただけると、何かの役にたつかも?という程度の話になります。

先日こんな電話を代表が受けました。
「そちらのホームページを拝見しました。是非取材させていただきたいと考えております。内容は〇〇さんとの対談形式です。××というビジネス誌にA4で掲載します」
〇〇さんとは、多分同世代の方なら誰でも知っているであろう大物男優さんです。
うちのような小さな店に来ていただくなんて信じられない方です。
代表も「えっ⁉」と驚いたようです。

「つきましては取材費7万円になります」

代表は「予算や会計は副代表がやっているので、自分の一存では決められません」と電話を切り、私に相談してきました
常日頃「何か電話で勧誘を受けたら必ず私に伝えるように」と言っていたのが功を奏したわけです

私も特に怪しい電話だとは思いませんでしたが、掲載誌がどの程度のものか気になりました。
幾ら有名な方と一緒に紹介されたとしても、その本が普通に売られていなければ意味ありません。
地域密着型の自転車店ですから、九州や北海道中心に販売されているのなら、お客様の来店はほぼ見込めないでしょう。
それに取材と言いながら、結局は広告出しませんか?という話だよね?
言葉尻を捉えるようで申し訳ありませんが、取材される方がお金を払うのはおかしいわけです。

以前2誌に掲載していただきましたが「今回は取材なので無料です」と仰っていました。
全国規模で売られている自転車専門誌に無料で載せていただけて、結果として大変良い宣伝になりました。
本当にありがたい事だと感謝しております。
その事もあり、何かが違う感が沸いてきました。
むしろ「7万円で広告出しませんか?」と言われた方がスッキリします。
7万円という金額も、出せないわけではない微妙な額ですね。

ネットでその会社の情報を調べると、やはり発行部数が少なく普通には手に入らない雑誌でした。
自分で買って、知り合いに配るような感じになりそうです。
取材と言っても何らかの「企画」があるわけではなく「対談」をまとめたものになるので、正確には取材とは違うものになりそう。

またこの会社についてネガティブな内容のブログは削除依頼がかけられて、実際消された記事もありました。
確かにマイナスの評判は困りますが、こういう対応は信用失う気がします。
というわけで「取材」は受けませんでしたし、この記事にも実名表記はいたしません。
もしこの記事が消えたら、実名でなくても探し出されたんだなーと思って下さいね。

まあ、部数が少なくても発刊されるので、全く宣伝効果なしというわけではないでしょう。
取材に来る方は俳優さん含め有名人が多いので、握手して1時間程度お話できるでしょうから、それで数万円は別の意味で安いと思う人もいるのかも?

現に友人にこの話をしたら、友人はその俳優さんのファンだった時があるらしく「えーっ、もったいない!」とか言ってました
「お金だしてあげるから、同席させて」とは言いませんでしたが(笑)

確かに私もXJAPANのYOSHIKIが来るなら、宣伝効果云々言わず即OKかも……
7万どころか20万円でもヘソクリ集めて出すかも……
さらに10万円でエステにも行った方が良いかも……

すみません、今、YOSHIKIと対談している様子を想像していました
あ、でも取材は「明日か明後日」と言われました。
他の方も同じで即答を迫られたようで、残念ですがエステに行く時間はありませんね

ということで、取材ですと言いながら実は広告だしませんか?みたいな商法を「取材商法」というそうです。知らなかった言葉なので、色々調べて良い勉強になりました
特にこの季節、新入生や新入社員の方をターゲットにした色々な商法が出てきますから、お気をつけください。