一昨日の記事で「確定申告します!」と宣言しましたので、ご報告です。

マイナンバーカードを読み取るカードリーダーが破損していて出来ませんでした
……チャンチャン……


申告書自体は確かにすぐに作成できました。
もう自動的という感じで、感動的ですらありました。
出力したものを見て「おおっ、これがうちの確定申告書!」とニヤニヤしました。

ちなみに当店はエアレジとエアペイ、エアペイQRを導入し、クラウド型会計ソフトの会計freeと連動させています。
どういう事かというと、売り上げは現金・クレジットカード、その他QR決済全て自動的に会計ソフトに登録されていくのです。

支出も口座を登録しておけば自動引き落としがあると「これは何ですか?多分仕入れではないかと思うのですが?」的に親切な表示がされるので、それを登録するだけです。
現金で購入したものについては手動で「現金、消耗品、金額、日付」を入力します。

昨年2月に簿記3級の資格を取りましたが、その時に勉強した買掛金とか売掛金などを自分で仕分けする必要がありません。
逆に簿記の知識で考えると戸惑う部分もあるのですが、すぐに慣れますし楽な事は確かです。
幾つか疑問も出てきたのですが、会計freeのヘルプセンターは大変親切・丁寧に教えてくれました。

こうした日常的な作業をしておけば、確定申告時に健康保険とか地震保険、医療費などを入力するだけで必要な書類が作成されます。
もし個人でお店を開こうと考えている方には、この連動はおススメだと思います

うちの場合、固定資産である店舗兼住宅の比率がやっかいでした。
完全分離型ではありますが、住居部分も店の仕事として使う場合もあるのでその按分計算が難しい。
なので昨年、鶴見税務署に相談して税理士の先生(だと思う)に比率を計算してもらっていました。

建築図面を持参して状況をお話すると、按分パーセント・償却率何年とすぐに教えて下さいました。
税務署には滅多に足を運びませんでしたが、こんなサービスまでやってくれるなんてありがたいです

そんな下準備もあったので、作成までは上手くいったのですが……
最後の最後でe-taxがうまく行きません
数時間マニュアル&パソコンと格闘していて、ふと考えました。

おかしい!

簡単に出来るというのに、拡張子をいじったりするまでの作業が必要なのだろうか?
CMで高橋秀樹さんも、あっという間に送信出来ていました。
「ここでグーグルクロームの拡張子をですね……」なんてやってません。
これはもしや、カードリーダーが機能していないのでは?

カードリーダーを改めて調べると、ランプが点灯したり赤くなったりしていて、やはりおかしい。
代表に聞けば「10年前に買ったものだ」と言うではありませんか!
まだ住基ネット云々という時代に買ったそうです。
一年に1度しか使わないものでも、10年経てば壊れてもおかしくありません

仕方ないので新しいものを購入する事にしました。
当時5000円位したと言うので、痛い追加出費だとガッカリしましたが、Amazonで1700円程度で購入できました。
月曜日に届くようなので、再チェレンジ致します
カードリーダー不具合だなんて、とんだ伏兵がいたものです。